スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
9日目:ラパスからウユニ塩湖へ
2009 / 04 / 23 ( Thu )
2009/03/07の日記

たーっぷり寝て、起きたのは9時ちょっと前。

ラパスからウユニまでは車で約9時間(!)
移動で丸一日つぶれます。

夜行バスも出ているので、それを利用すれば往復の2日を観光に充てられるので乗りたかったのですが、雨季のため運行しなかったり、運行したはいいけど途中で道が悪くて引き返す可能性があるとのことで、旅行会社に止められました。

他には列車も出ているのですが、こちらは予約をしても他に団体が入ると平気で席を埋めてしまって乗れなかった人が過去にいたらしく、それ以来カントゥータトラベルさんでは取り扱っていないといわれました。


移動だけで終わるのは悲しいので、出発をギリギリの10時まで待ってもらってホテル周辺を観光する予定でした。

・・・結局寝坊でどこにも行けず >(ノД`)・゜・。  自業自得

時間までホテルでボーっとしてるのも勿体無かったので、ホテル周辺を散歩しました。

すぐ側に山肌?岩肌?が迫っています。
風などで土壌が浸食され、赤茶けた尖った断崖になっているそうです。
ホテルには、馬に乗って断崖を散策するオプショナルツアーが用意されていました。
さ、参加したかった・・・

歩いていると、昨日とは違うスーパー発見!
090422_02.jpg
こちらは庶民のスーパーのようで、いい感じのお菓子などがいっぱい売っていました。
大漁大漁(*´∀`*)

運良く短い時間でも買い物で堪能でき、気分よくウユニに向けて出発!

道中の広大な景色を眺めながら車は順調に進む。

4時間後、オルーロという大きな鉱山の町でトイレ休憩。
090422_03.jpg
通常はこの町のレストランでランチ休憩となるんだけど、私たちは出発が遅かったのでドライバーさんが作ってくれたサンドイッチを車内で食べていたので、通り過ぎるだけになりました。
サンドイッチ作ってくれるなんて親切~(お土産用のチョコレートもくれた)。


さらに走ってウアリという小さな村でドライバーチェンジ。名前はロドリゲス。
090422_04.jpg
どうやら、ラパス-ウアリ間を人と物資を運ぶ係りと、ウアリ-ウユニ間を人と物資を受け取る係りにわかれているようです。
うまいこと考えたなぁ。

ウユニから帰ってきた人たちは、マチュピチュ村のホテルで一緒だった日本人男性グループでした。
英語が堪能なのでちょっとお世話になったんです。なんという偶然。


さて、、ここからウユニまでの道が最悪でした。
未舗装だとは聞いていたけどここまでとは。。。

道らしきものはあるんだけど、多量の雨で出来た小川が道を横断していたり、でっかい水溜りがあったり。
いや~~~、酔うわ(^_^;) (激揺れなので写真もありません)

は、、、橋が・・・
090422_05.jpg

そんな橋を眺めながら、スープとサンドイッチでランチ休憩。
090422_06.jpg
ランチって・・・
サンドイッチ食べたんだけどな。。んでもって今16時くらいなんだけどな。。

自転車で渡ってる人もいました。TSUEEEEEE。
090422_07.jpg

自問自答の末、頬を染めながらも野生動物の如くトイレを済ませた後、出発。

野生のビクーニャの群れに出会いました!
090422_08.jpg
ふおおおおぉぉ☆彡


しばらく走ると、雨季だけにできる川に動物たちが集まっていたのでフォトストップ。

090422_09.jpg
090422_10.jpg
090422_11.jpg
090422_12.jpg

うっすら虹が。
090422_13.jpg
090422_14.jpg
とてもとても、、綺麗でした。

写真を撮ってると、このリャマたちを放牧している子供たちがどこからともなくやってきました。
ロドリゲスは、私たちが食べきれなかった果物やクラッカー、チョコレートなどをあげていました。
きっと、この人はいつもこういうことしてるんだろうな。
無駄がないし子供たちも喜ぶし、素晴らしいことだと思います。


ここを出発した直後、真っ暗になってスコール的な雨が降ってきた。ロドリゲス大変だったと思う。。乗ってる私たちも。

道なき道をボッコボコに揺られること4時間、ようやくホテルに到着。

今日一日何をしたってわけじゃないんだけどとにかく疲れ果ててて、早く部屋で一息つきたかった。

私たちがハネムーンと知っていい部屋に替えてくれたり、シャンパンでお祝いしようとしてくれたけど、、、夕食を断りました。

そしたら部屋に温かいスープを持ってきてくれたよ。。
090422_15.jpg
日本の旅館的サービス。
とってもアットホームで素晴らしいホテルだけど、この時はこれすら煩わしいと感じてしまう精神状態でした。ロドリゲス、ごめん。
(ちなみにロドリゲスはドライバー兼ガイド兼ホテル従業員)

ホテル情報。「ルナサラダ(Hotel Luna Salada)★★★」
ウユニ塩湖のほとりにたつホテル。全部塩で出来てます。壁も床も。
090422_16.jpg
090422_17.jpg
とってもキレイだし、部屋以外のスペースが広い。非日常的で楽しいホテルでした。
三ツ星なのに、このホテルは滞在したいくらい。


「10日目:ウユニ塩湖」へ続く


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルー・ボリビア | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<ピエールエルメのマカロン | ホーム | 遠慮>>
コメント
--疲れそう~--

未舗装の道路を揺られるって、、、、
想像しただけでも酔いそうv-12(普段は酔わないけど)
んでもって、この橋!
どこ渡るのぉv-363v-361(ハシ渡るべからずって一休さんかい!)
車でも恐そうなのに、自転車で渡ってる人ってスゴイ!慣れってコワイね。
野生的な用足し、、勇気が要ったよね?
ビクーニャ~、モフりたぃv-343

ホテルの壁&床、ヤパーリ舐めるとしょっぱいの?(って、舐めないかi-229
by: ちょびん * 2009/04/23 19:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

あら、新婚旅行じゃなくて探検旅行でしたっけ?
あちらの雨季やスコールってはんぱじゃないですからね~。 コンクリートジャンゴーで暮らす日本人には考えられない道なんでしょうね。

水辺に集まる動物達の写真、プロの写真家さんが撮ったみたい! すごく幻想的に撮れてるじゃないですか~♪ この風景を生でみてきたんですね! 野生の王国バンザイ(笑)

ロドリゲスさん親切ないい方だったんですね~。 なんだかんだと人との出会いには恵まれていますよね!
by: ミュート * 2009/04/24 10:25 * URL [ 編集] | page top↑
--おへんじ--

◆◇ちょびんさん◇◆
揺れるし体があちこち当たってなんか痛いし、何より長かったよ(^_^;)
川の水、増量しすぎだよね~。ってか増量するってわかってるんだから高い橋建てたらいいのにね。
流されてる橋もいっぱいあったよ。
自転車すごいよねー!地元の人はここ渡らないと生活できないんだろうけど。。
野性的な用足し、羞恥心と戦ったよ。。だってもう30超えてるのに。。
でもトイレがないから仕方ない(笑)
ロドリゲス的にも普通のことみたいで、わざわざ川に流してたよ。
大人のビクーニャ、私もモフりたい~~~~~。
ホテルしょっぱかったらしいよ。和敷が舐めた(爆)
私も気になったけど、舐めてる旅行記いっぱい読んだから、みんな舐めてると思ったらキモチ悪くて舐めれなかった・・・

◆◇ミュートさん◇◆
ボリビアはペルーと違って観光面でも発展途上なので、何をするにも不都合でアドベンチャーでした。
雨と雷、すごかったです。すぐ止んだのが幸いでした。
普通に道を走ってるだけで絵になる景色ばかりでした。
改めて気付いたんですけど、私は発展途上国の方が好きみたいです。

うんうん!なんだかんだガイドさんたちはいい人ばかりでした。
特に、ボリビアの人は温かいです。
ペルーみたいにちゃんと観光が形式化してないので、適当さが腹立ったりもしましたけど(^_^;)
by: くまじママ * 2009/04/24 17:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kumamoru.blog35.fc2.com/tb.php/849-bc2cc211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。