スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
7日目:プーノへバス移動&シユスタニ遺跡
2009 / 04 / 14 ( Tue )
2009/03/05の日記

せっかくの街だし、おいしくないホテルの朝食を食べるのは勿体無い。
というわけでアルマス広場に面している「カフェハイユ」へ。


朝早くからやっていて、地元の人でいつも賑わっています。
早すぎて3組くらいしかお客さんいなかったけど。

ガイドブックにお勧めが書いてあったので、その通りにコーヒーとフルーツジュース、ローストポークサンドを頼みました。

090410_02.jpg
なぜかフルーツサラダが来た・・・ めっちゃてんこ盛りだし

とってもおいしいのでこれはこれかな♪と前向きにとらえ、水分欲しさに自家製ヨーグルトドリンクを追加オーダー。

090410_03.jpg
なぜかプレーンヨーグルトが来た・・・またもやてんこ盛り

これ以上何を言っても通じる気がしなかったので、黙々と食べました。
ちなみに、ガイドブックお勧めのローストポークサンドはカスカスでおいしくなかったです。もしやこれも間違えてる!?

スペイン語メニューしかないし英語も通じません って話せないんだけど
スペイン語はちんぷんかんぷんだわ。。
計19ソル(約570円)なり。

旅も折り返し。
この日からは一切日本語を聞くことはなく、恐怖の英語漬けの日々になります。。


今日はほぼ移動の日。
クスコからプーノまでバスで6時間かけて行きます。
色んな観光地に寄り道しながら8時間かけて移動する人気の観光バスがあるんだけど(ほとんどの観光客はこれ)、私たちは早くプーノに着いてどうしても行きたい遺跡があったので、普通の高速バスを選びました。

090410_04.jpg
バスターミナルは大きくて立派。ここから各地へ長距離バスが出ています。
事前に聞いていなかったのですが、税金1.10ソル払う必要がありました。

私たちはオルメーニョ社の二階建てバスに乗ります。

座席がまーー快適!
090410_05.jpg
広いしフカフカだし足置きがあるし、180度くらいのリクライニング!
熟睡できるわ~。

車窓からの眺めはどこまでものどか。
緑と水が豊かで放牧風景が続く。
090410_06.jpg

2階席の一番前には展望席があります。
途中でスナックが配られました。
090410_07.jpg

そんなこんなで快適なバス移動は終了。ほぼ定刻どおり15時過ぎにプーノに到着。

英語ガイドのニルダと合流し、まずはチチカカ湖とプーノの町を見渡せる高台へ。
090410_08.jpg
チチカカ湖はペルー南部とボリビア西部にまたがり、富士山よりも高い標高3812mに位置します。琵琶湖の12倍の広さがあるんだって。
船が運航している湖の中では世界最高所だそう。

矢印の白く美しい建物は唯一の五つ星ホテル「リベルタドールラゴチチカカ(Libertador Lago Titicaca)★★★★★」です。
今夜はここに泊まりまーす( ̄m ̄*)


プーノから車で約50分。
どうしても訪れたくて無理やり詰め込んだ「シユスタニ遺跡」に到着。標高は4000m。

090410_09.jpg

世界遺産でも有名なわけでもありません。
でも写真を見て、不思議とどうしても訪れたくなったのです。

090410_10.jpg

シユスタニ遺跡はチュルバと呼ばれる石塔の墓の集まりです。
スペイン人が建築用材として略奪したので破壊されています。

090410_12.jpg

ここは地球上にいくつかあるエナジーポイントだそう。
喧騒も木々を渡る風の音もない。あるのは静寂のみ。

090410_11.jpg

・・・だったらよかったんだけど、ガイドのニルダが仕事熱心で(^_^;)
英語だから集中して聞けばなんとなく意味はわかる。一生懸命さが伝わるからちゃんと聞いてあげたくなる。
となると遺跡を思うように満喫できなくて。。
標高のせいで頭ぼんやりしてる中での英語はホントにしんどかった。

090410_13.jpg

遺跡から見えるこの静かな湖はウマヨ湖。
090410_14.jpg
真ん中に浮かぶ島には政府からの命でビクーニャを守り育てている一家が住んでいます。

遺跡まで赤ちゃんビクーニャを連れてきていました。
090410_15.jpg
臆病で、繊細で、とってもとってもやわらかい可愛い子。

090410_16.jpg
こうして息も絶え絶えにシユスタニ遺跡観光は終了。
もっとゆっくり、ぼんやり過ごしたかったな。


もう日が暮れるしプーノに帰ると思っていたら、ニルダが顔なじみのアイマラ族の家庭に連れて行ってくれた。
090410_17.jpg
周辺にはまったく同じ家が集落を作っています。
家の前には決まってアルパカとリャマ。

屋根や門の上には幸せを呼び込む牛のお守り。
090410_18.jpg

生まれて3日のリャマの赤ちゃんがいました。まだ足腰がプルプルしてる。
090410_19.jpg

家の中を案内してもらいました。

090410_20.jpg
彼らは毛を織ったり畑を耕したりして自給自足の生活をしています。

090410_21.jpg
彼らが普段食している穀物やジャガイモ。
真ん中の方にある、揚げ焼きしたパンのようなものがとってもおいしかった。ほのかに甘くて素朴な味。

アツアツのジャガイモを頂きました。泥をかけて食べます。
090410_22.jpg
川の底で取れる特別な泥なんだそう。塩加減が丁度よくてミネラルたっぷりって感じ。顔に塗りたーい(爆)

090410_23.jpg

キタコレェ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

この鳴き声、なつかすぃ。

090410_24.jpg
2階建てのキレイなおうちに住んでます。掃除も行き届いてて、大事にされてるんだなってわかりました。
でも、このモル達はペットではなく家畜です。

090410_25.jpg
家畜であるアルパカの毛を紡ぎ、それで商品を作って売ったものが唯一の現金収入です。
アルパカの人形をチップとしていっぱい買いました。

子供たちに飴をあげると、喜んで駆けて行きました。
お手伝いをいっぱいしていて、とてもいい子達でした。

すっかり日が暮れてからプーノの町に戻り、ウアサパタの丘でフォトストップ。
090410_26.jpg
恋人たちが集う公園だそう。風が強くて超寒い。

ホテルには行かずに、夕食をとるために町の中で降ろしてもらいました。
ニルダはとっても親切に、ホテルまでのタクシー代はいくら以上払っちゃいけないよ とか、何かあった連絡して と電話番号とメールアドレスを紙に書いて置いていってくれました。
英語ウザいとか言ってごめん~~~~~>(ノД`)・゜・。

夕食はウククス(ukuku's)というお店へ。
090410_27.jpg
魚たっぷりの雑炊のようなスープとピザを頼みました。
ホントはせっかくのチチカカ湖だし魚料理をもっと堪能したかったんだけど、メニューでわかるのがピザだけだった・・・
石釜で焼いたピザはとってもおいしかったからよかったんだけど。あ、もちろんスープも!
ミネラルウォーターも頼んで計43ソル(約1290円)

このレストランから和敷の高山病との戦いが始まります。
ようやく「息苦しい」という感覚がわかったみたい。
ってことは富士山は余裕の高さなんだなぁ、和敷にとっては。

町歩きは治安の面で怖かったので、レストランの人にタクシーを呼んでもらってすぐ帰りました。
レストランの人が値段交渉までしてくれました。親切~。


ホテルは五つ星にふさわしく、豪華なロビー(南米にしては)に快適な部屋。
090410_28.jpg

高地では危険とされている湯船に、持参したいい香りの入浴剤溶かして久しぶりに浸かりました。極楽リラックス~♪
和敷は頭痛薬を飲んでダウン。

夜遅くに着いて翌朝も早くにチェックアウトするのでこんないいホテルじゃなくてもよかったんだけど、このホテルじゃないと見れない"あること"のために泊まりました。

翌朝は夜明け前に起きてスタンバイです。


「8日目:ボリビア入国とチチカカ湖観光」へ続く


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルー・ボリビア | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<ツバメちゃんが来たよ~♪ | ホーム | 週末お花見三昧>>
コメント
--呼ばれたね!--

どうしても行きたくなった遺跡。
絶対土地に呼ばれたね。(^ー^)
私もイタリアのポンペイの遺跡にどーしても行きたくて、
行ったら、なんかスッキリ。
もう海外はいいっす、ってなりました。
きっと、前世そこにいたんだよね。(^ー^)

高山病ね、きついねー。
私も頭痛がひどかった。富士山で、だけど。
だから、標高を知っただけでヒーッ!!です。

続編待ってますね~。
by: マチコ * 2009/04/14 21:01 * URL [ 編集] | page top↑
--うほ~--

観光客の少ない遺跡、静寂に包まれてたらよかったのに(苦笑)
エナジーポイントってのが興味津々よぅ。
ビクーニャの子、めっちゃ手触り良さそうなんですけど。
遺跡に家庭の味を眺めてたら、、、
うほ~、モルちゃんじゃないのぉ!
この時のくまじママさんの歓喜が聞こえてきそうだわん。

ついに和敷さんも高山病
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ ッ!!
息苦しさ、、、想像しただけで頭クラクラしてきたよ。
by: ちょびん * 2009/04/14 21:08 * URL [ 編集] | page top↑
--おへんじ--

◆◇マチコさん◇◆
そうか、呼ばれたんだっ!
え~でも もう海外はいい とはまだ思えないなぁ。前世がいっぱいありそうです(笑)
沖縄の世界遺産の座喜味城跡も、私にとっては何かを感じる遺跡です。友達に薦めても「何もないね(笑)」って言われる(^_^;)
ポンペイ、私も行きました。とてつもなく広い遺跡ですよね。
めっちゃ風が強くて、砂が目に入りまくってまともに見学できなかったのを覚えてます。
せっかくの日傘もべろーんってなって。

大抵の人は富士山でヒーですよね。私は3000mくらいでなりそう。
和敷がちょっと丈夫すぎました。

◆◇ちょびんさん◇◆
ほんとに~。静かにぼんやりしたかったよ。ガイドさんには悪いけど(^_^;)
エナジーポイントってなんかわかる感じしたー。風も心地よくてね。
ビクーニャの子、すごいやわやわだったよ(>_<)
守ってあげたい感じ~。
聞き覚えのある声 と思って振り向くとモルたちのおうちがあって超感激!
めっちゃ興奮しちゃった~。
和敷、これからどんどん・・・( ̄m ̄*)
by: くまじママ * 2009/04/15 13:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

エナジーポイントで大地にゴロ~ンってしてみたいです!
うんうん、私もくまじママさんがその場所に呼ばれたんだと思います。 なんだかスピリチュアル~~(笑)

私、豪華なバスよりのどかな風景よりなにより、モルちゃんのお家に感激~~♪
な~んてステキなお家なんでしょ!!2階建てで藁ぶき屋根~。
くまじママさんはこれで元気もらったんじゃ?(笑)
和敷さんの高度が上がってからの高山病はしんどさも格別でしょうね。。。いきなりガツンですからね。。。。ナ~ム~(爆)
by: ミュート * 2009/04/15 15:41 * URL [ 編集] | page top↑
--おへんじ--

◆◇ミュートさん◇◆
私もゴローンってしたかったです~。ゆっくり腰掛けて五感を研ぎ澄ます的な?(爆)
モルたちのおうち、素敵ですよね!
このご家庭だけじゃなく、こういうものって決まってるみたいです。
二階の窓からも顔出したりしてるんですよ~(≧▽≦)
そりゃ萌えますとも。ここでエナジー補充(笑)
和敷は私が苦しいときに平気だったので余裕ぶっこいてたんだと思います。
食欲のない和敷はそりゃ~も~弱弱しくて和敷じゃないみたいでした。
by: くまじママ * 2009/04/16 17:31 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kumamoru.blog35.fc2.com/tb.php/843-bbc392a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。