スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
6日目:乗馬ツアーとクスコ巡り
2009 / 04 / 08 ( Wed )
2009/03/04の日記

ホテルの朝食。

三ツ星ホテルはどこも同じだわ。。
パッサパサのパンとハム、チーズ。
ソーセージ等のおかずもあったけど、ほとんど無くなっていた。
牛乳が真っ白じゃなかったんだけど、どういうことかしら。


午前中はガイドのエリー♂とクスコ周辺遺跡の乗馬ツアーへ。
馬の準備をしている間、近くにあるアルパカ製品の工房へ連れて行ってもらいました。
090408_01.jpg

店内は商品でぎっしり。
でも場所が市街地から離れてるし外から見たらお店って感じしないし、お客さん来るの??って疑問に思ってたら、
「ベビーアルパカ~。ヒャクパーセントネ~。」
「ハンドメイドヨ」
「カワイイネ~」
と、店員さんが日本語を使ってくるではないかっ。
どうやらエリーのようなガイドが客を連れてきているらしい。うまいことできてるもんだ。

山のような商品の中に、昨日列車の中で売っていたストールを見つけた。
値段を聞くと60ドル。値引きも可とのこと。
列車じゃ倍以上の値段で売っていたのに。。おっそろしい

ここは列車や高級ホテルの売店が買い付けに来るブランドの工房なんだそうだ。
これからペルーに行く人、ガイドさんに連れてきてもらってくださいね~!
店名は「ビクーニャ」だったと思います。

結局、リバーシブル帽子×4、マフラー×3、ストール×1で計265ドルのところを、210ドルまで値切ってお買い上げ。イエイ。
オール・ベビーアルパカです。ホンマかいな。
でも手触りは超最高。お土産に喜ばれました。
何を買ってもあまり喜ばない厳しい母も「手触りが違うわ~」って^^
(写真はお土産編で・・・)


買い物してる間に馬の準備も万端に♪
090408_02.jpg

「ハイまたがって。」
「これ(手綱)持って。」
「じゃ、行きましょ~。」

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!?

なんかないんスか??
持ち方とか、乗り方のコツとかさ。あるでしょうよぉ~~。

えっ、えっ、とアワアワしてる私たちを無視して先頭馬は進み、他の馬たちも後に続く。

「馬にまともに乗ったことないんですけど!」
と訴えると
「私も初めて!」
とガイドのエリー。わお。

みんなで初めてならいっか。  イヤよくない

馬たちは慣れてて大人しいというし、後ろから歩いてついてくる人が馬を見てる様子だし、何よりもう進んじゃってるので覚悟を決める。

過保護な日本に慣れてるので、こういうのは戸惑いますよ。。

090408_03.jpg
まずはひたすら畑の間のどぼどぼ道を登る。かなり急。
馬たちがどぼどぼを嫌がって、みんなで端っこの狭い隙間を通ろうとするから小競り合いが連発。
こえぇよぉ~。頼むから急に立ち上がったりしないでね。。

それでも、エリーの馬がオナラを鳴らし続けてくれたお陰で緊張はほぐれた。

長いどぼどぼ道が終わってやっと開けた場所に出たと思った ら!



突然のダッシュ ε≡≡≡≡≡≡≡≡。。゙(ノ><)ノ ヒィ



後ろからついて来てた人が気を利かせてお尻を叩いたらしい。笑ってる。

心の準備、させていただけませんかね。。。 片手にカメラ構えてたんですけど

090408_04.jpg
そんなこんなで広場を抜けて、

090408_05.jpg
林も抜けたら
(ちなみに先頭の女性はなんで同伴してるのか最後までナゾだった)

とっても景色のいい草原に出たっ! テンション上がる~♪
090408_06.jpg
090408_07.jpg

クスコの街も見えます。
090408_08.jpg

馬上でブレブレになりながらも写真撮って楽しんでる合間に遺跡に到着。
馬はその辺に放置(爆)

090408_09.jpg
岩山のようなものが遺跡です。

馬から降りたとたん、ここが標高4000mだという事を実感。フラフラする。。

遺跡の名前はよくわからず、エリーは「月の神殿」と言っていた。ガイドブックには載ってない。入場無料。

登ってみれば一見ただの岩山なんだけど、ちゃんと入り口がある。
090408_10.jpg

中には祭壇が。
090408_11.jpg

年に一度(うろ覚え)月の光がまっすぐに降りる日があって、ここに生贄を授けたらしい。

遺跡は無料だけあって規模が小さいけど、花盛りだし景色はいいし最高でした。息苦しいのを除けば。
090408_12.jpg


090408_13.jpg
馬を放置してきた場所に戻ると、

090408_14.jpg
羊がたくさんいました。馬たちは奥でムシャムシャしてる。

090408_15.jpg
羊の番人は少年でした。学校行かないでお手伝いしてるのかな。。

ムシャムシャ中の馬をなだめて次の遺跡へ。

しっかし馬に乗ると体調がよくなる。
テンションって大事なんだねぇ。

丘の上から「サクサイワマン」という遺跡を覗き見(爆)
090408_16.jpg

クスコ周辺の遺跡は共通入場券しかなく、1つや2つしか見ないなら高いので勿体無い。
エリーいわく「近くで見るほどのものでもないよ。どれも同じ。」だって(^_^;)

この遺跡はリオのカーニバルをも凌ぐ南米最大の祭り「インティライミ(太陽の祭り)」が行われる場所。
去年はビル・ゲイツが有料席を60席ほど確保して見に来たそう。
この祭りのために超高級車をペルーで6台購入し、帰るときには寄付してったそうな。
金持ちはやることが違うねぇ。

覗き見の丘(勝手に命名)も花盛りで美しかった。
090408_17.jpg

乗馬ツアーはこれにて終了!
同じく半日ツアーでバスで回るものもあるけど、乗馬より高いし絶対乗馬の方が楽しいのでオススメします!


午後からはクスコの町をブラブラします。

まずはランチ。
いろんな人のサイトで大絶賛だった「プカラ(PUCARA)」というレストランへ。
すごく楽しみにしていたし、メニューを見てもおいしそうなものばっかり!
けれどもいかんせん体調が・・・(´;ω;`) 酸素不足で食欲がまったくないの。

090408_18.jpg
結局、私はニンニクのスープ、食欲モリモリの和敷はロモサルタード(牛肉と野菜の炒め物)をオーダー。
ニンニクのスープ激ウマ。体にしみる・・・
リモナーダとインカコーラも頼んで、計33ソル(約1000円)
日本語メニューあり。


和敷のお腹が5割満たされたところで(私に遠慮したらしい)、散策&買い物へ♪

街の中心にはアルマス広場があります。クスコに限らずどんな小さな村にも。
090408_19.jpg

そして広場にはかならず教会があります。
090408_20.jpg
クスコのアルマス広場には大きな教会が二つ。
左がラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会。右がラ・メルセー教会&修道院。

数百円の入場料を払い、それぞれ見学しました。
中は撮影禁止なので写真はないけど、ま~~~~~すごかったです。
金銀キラキラ!!
宗教画が所狭しと飾ってあるんですが、額縁がオール金!
なんというか、、、成金趣味みたいでした。ちょっと下品。
それだけ金がよく採れるということなんでしょう。
けれど教会の雰囲気はヨーロッパと変わらず、日本では味わえない独特の空気を感じることが出来てよかったです。

最後の晩餐の絵があったんだけど、テーブルの上に乗っているのはモルモットの丸焼きでした。
そう、、ここペルーではモルモットはクイと呼ばれ、食用の家畜なんです。
世界には様々な文化があるから、意見する気は毛頭ありません。
鶏や牛の肉のように出回っているかというとそうではなく、お祭りなどの特別な日に食べるそうです。
最後の晩餐に描かれていることがそれを物語っています。

けれど、、観光客が面白がって食べたがるので、常時メニューにおいているお店もありました。専門店まであります。
私たちはもちろん食べませんでしたともっ!!(和敷は食べたがった。蹴ってやった。)


次はプカラの斜め斜め斜め向かいくらいにある「ペダソ(pedaso)」というお土産屋さんへ。
日本人が経営しているだけあって、欲しいお土産をわかってる感じ。
安くて小さなばら撒き土産を大量購入しました。


続いては、ロレト通りというインカの石組みが残る通りを通って、、
090408_21.jpg

約10分。サントドミンゴ教会(太陽の神殿)に到着。
090408_22.jpg

ここは侵略したスペイン人が
「この教会の部屋いっぱいに金を集めたら王をかえしてやろう」
といって王様を監禁した場所で有名です。(確かそんなTV見た)
実際に集めたのに、金だけでなく王様の命も奪って教会を燃やしてしまいました。

精巧な石組み。
090408_23.jpg
教会を燃やしても土台となっている石組みは燃えず、スペイン人はその上に教会を建てました。
度重なる地震で何度も教会は崩れましたが、インカ時代の石組みだけは微動だにせず、インカの高度な技術が浮き彫りになったそう。

教会の中は明るく、大きな中庭がありました。
090408_24.jpg
金ぴか修道画も。

緑の庭もありました。
090408_25.jpg
日本でも人気の多肉植物が芝生のように植えられていてビックリ。こんな使い方もあるのか~。


続いては有名な12画の石と14画の石がある通りへ。
090408_26.jpg
12画の石は、石組みをぴたっと合わせるためにこんな複雑なカットを古代のインカ人がやったよ、すごいよねー というもの。
右の14画の石は、近年になってから12画の石にあやかって作ったものらしい。あきらかに不自然な形だよね(^_^;)


クスコの有名な観光地はこんなもんだろうか。
この辺を巡りながら、道々お店をひやかすのが楽しい。
思いもかけずいい買い物も出来ました。

そそられるお店がたーくさんあったんだけど、すぐに息切れするので休憩ばかりしていました。酸素が薄い上に坂道だらけだし。
もっと買い物したかったなぁ。
かなり疲れてたけど、街の雰囲気がよかったので歩いてるだけでも楽しかったです。
090408_27.jpg


夕食は「カフェハイジ」で。
自家栽培のオーガニック野菜や、自家農場で作ったヨーグルトが売りです。
マンゴースムージーおいしかった♪

090408_28.jpg
お通しとして最初に出たパンとポテトサラダのようなもの。
なんかわからんけどめちゃめちゃおいしかった。

前菜を2品頼みました。
090408_29.jpg
トマトとツナのサラダ、ハムとチーズのキッシュ。
トマト激ウマ!キッシュに添えられてる人参激ウマ!(人参キライなはずなのに)
野菜がおいしいってこういうことなんだなぁ って感じ。

まだ食欲が戻っていなかったので、メインは一つだけ頼みました。
090408_30.jpg
・・・あれ?二皿来たよ。英語通じなかったのかな??
と思っていたらすかさず
「一皿分を分けてきました」って。
なんて心憎いサービスでしょう。まさか南米で出会えるとは。
オーナーがドイツ人だそうなので、その辺まで気がまわるのかな。
ちなみにオーナーも店内にどっかり座って晩酌してました。
各テーブルのお客さんに話しかけていてとっても感じがよかったです。楽しい人でした^^

しっかし半分でも結構な量なんですけど・・・ 肉でかっ

すごい色ですが、羊肉とジャガイモに野菜のソースがかかっています。
このソース、独特の味がして私は苦手。和敷はとってもおいしいって。

さらにビールも頼んで計51ソル(約1530円)。サービス料が含まれていなかったので60ソル置いてきました。

ペルーで行った中でナンバーワンのお店でした。
味だけで言ったら他にもおいしい店はたくさんあったけど、トータルで見ると最高。
ちなみに、席はほとんど予約で埋まっていました。納得。
日本語メニューあり。

夜のアルマス広場。
090408_31.jpg
昼も夜も人で賑わっています。地元の人の憩いの場なんですね。


「7日目:プーノへバス移動&シユスタニ遺跡」へ続く



スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルー・ボリビア | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<タイヤ交換おじゃまむし | ホーム | 富山の桜もぼちぼち咲いてます>>
コメント
--盛りだくさん--

乗馬~いいよねぇ。
って、いきなり説明なしに乗っけられるのってこえぇよぉ。おまけにせっまい道で小競り合いってv-12
ちょっとスリリングな乗馬も出来て景色も楽しめて、息苦しくなかったら気分も上々、どの食事も美味しそうだし食欲モリモリで太りそうだわぁ。
ニンニクのスープ、飲んでみたいv-343
野菜も見てると「これが野菜よ!」って変に改良されてない野菜本来の味がしそうで心揺らいじゃってる。
それにしても和敷さんの衰えない食欲って、、
グーグー寝られるのって、、スッゴイ順応性が高いのかな?酸素薄くても無問題?

by: ちょびん * 2009/04/08 21:07 * URL [ 編集] | page top↑
--実は・・・--

くまじママさんの旅ブログを見て、
無性にアルパカの毛を紡いでみたくなって買ってきて、今紡いでます~。(^^ゞ
サモのほそーい毛だけを集めたのがアルパカって感じかな~。

たしか、ペルーって野菜の原産って聞いたような?
だから人参とかじゃがいもとかおいしいのかな?と思ってみたりしました。
by: マチコ * 2009/04/08 21:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

うわ~、今度は馬に乗りましたか!
いいなぁ~、くまじママさんがプラン考えた旅行って楽しいこと盛りだくさん♪

馬から眺める景色はまた違ってみえるんでしょうね。 
お食事もおいしいものが食べられてよかったですね。 もっと低地だったらあれもこれもと食べられたのにね~(笑)
モルモットは神様のお祭りとともに大切にされてきたんですね。。。だったらお祭りのときだけでいいんですよ! 面白半分って、モルモットも浮かばれないですよね~。

by: ミュート * 2009/04/09 11:15 * URL [ 編集] | page top↑
--うーん 楽でいいや(爆)--

くまじママさんのブログで旅に行った気分にひたれます
こりゃー行くよりずっといいや
若い頃富士山に登ったけど 3700m台で
ひーひー言ってました
いくら息をしても足りないくらい
50mくらい行ってははぁはぁの繰り返し
今じゃ絶対無理!
ちなみに登るの4時間くらいかかったのに
帰りは砂走りをかけおりて15分くらいで
5合目まで帰ってきました
(今じゃ危なくてできないそうですが・・・)
若気のいたり?
地元の先輩にガイドしてもらったんです
なつかしいなぁ
ペルーとか高い所はちょっともう行けないような気がします
またどこか行ってレポして下さいねーっ!
by: パンジャ * 2009/04/09 11:59 * URL [ 編集] | page top↑
--おへんじ--

◆◇ちょびんさん◇◆
馬に乗って自然の中を歩いてみたかったから、すごく楽しかったよ。
でも馬たちは全然懐いてくれなかった・・・(悲)
ニンニクのスープすごくおいしかったよ!具は玉子だけなんだけどね。
どうやって作ってるのか想像もつかないわ~。
オーガニックの野菜って、普段食べてるのと全然違うみたい。べっくらこいた。
サラダで食べるなら、ちょっと高くてもいいからいい野菜買いたいって思ったよ。
和敷ね、、この先やられるから( ̄m ̄*)そりゃもうこっぴどく。

◆◇マチコさん◇◆
へぇ~すごーーーい!!
ログハウスのことでお忙しそうなのに~。
(家が出来てく過程楽しませてもらってます)
っていうかアルパカの毛って売ってるんですね。
マチコさんにお土産あるんですよ~。毛糸を染める粉。工房で使ってるのを買って来ました。
サモ毛はやっぱり白だからいいんだろうけど、たまには色の違う毛糸があるのも楽しいかなって^^
今度会うとき持って行きますね~。
ペルーはジャガイモの産地ですもんね。500種類くらいあるんだって。

◆◇ミュートさん◇◆
馬に乗って自然の中を歩くの夢だったので、物凄くテンション上がりました♪
そうホントに!!今の胃腸の状態だったらメニュー片っ端から注文しますよっ。
旅行中は残金のことも気になってケチケチ頼むこともあったんですけど、今思えばお金のことなんて気にしなければよかったって思います。二度と行けない国なのに(笑)
観光客の人、、ちゃんと全部きれいに食べてくれてるんだろうか・・・
ちょっとつついて「ふ~ん」みたいな感じで箸置かれてたらうかばれないですよね!

◆◇パンジャさん◇◆
えーー!行ったほうが楽しいですって(爆)
富士山登ったんですか!すごーい。
私も日本人に生まれたからには…って思うんですけど、地元の立山(3015m)すら途中で挫折してるので多分無理・・・
高地だといくら息しても足りない状態になりますよね~。アレはホント辛い。
えっ?くだり15分???!
パンジャさんは車も徒歩も早いんですねぇ(爆)
高いところ、年とか関係ないですよ!
富士山は実際に登ってるから体力関係あるんでしょうけど、ペルーは乗り物で行きますから。
by: くまじママ * 2009/04/09 16:05 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kumamoru.blog35.fc2.com/tb.php/839-32bd8a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。