ありがとう、さようなら
2008 / 01 / 21 ( Mon )
モルのことでめそめそ書くのはもうおしまいっ。
暗いムードを続けてしまってごめんなさい。


↑ くまじろうお別れの挨拶 耳と口を舐めてました

コメントで何人もの方に叱咤激励していただきました。
ありがとうございます。ありがとうございます。。
(お返事できずにいてすみません。順番に書かせていただきますね。)

コメントに書かれていなくても、アクセス数を見れば何度も心配して見に来てくださっている人がいることもわかりました。
ありがとうございます。

080121_01.jpg
↑ 別れの儀式 くまじろうも連れて行きました なかなか離れられないでいると職員にせかされて…(ーー;)

私だけが悲しい思いをしているのじゃない。
生き物と暮らしてる人は必ずしも経験すること。乗り越えなければならないこと。
今ある命と向き合わなければならないこと。

死は、どんな命にも平等であること。

失った悲しみは、時間が癒してくれると思う。
でもこの自己嫌悪の苦しみは、次の命に生かすまで解放されないと思う。

モル・・・誓うよ。絶対に忘れない。

ようやく「さよなら」を言えそうです。
ずっと言えなかった。認めなくなかった。
心臓が止まっちゃったのに「やだ」なんて揺り動かして・・・ゆっくり眠れなかったね。ごめんね。

080121_03.jpg
↑ 遺骨は置いて行くのが普通だと言われましたが、知らない犬猫と一緒に居るよりうちの方が安心できると思って・・・

モルの誕生日はわかりません。
うちに来たのは2002年の3月下旬から4月上旬にかけてだったと思います。
まだ手のひらサイズだったので生まれて1~2週間でしょう。3月中旬生まれだって決めました。
あと2ヶ月ほどで6歳でした。

子ウサギのこんたとミミが相次いで死に、ゲージを片付けようかと思っていた矢先、ふと見たら居ました。父が買ってきたんです。
臆病で、いつもゲージの奥で不審そうな目をしていました。
子ウサギを無知で死なせてしまったので、モルモットのことはたくさん勉強しました。

自ら手のひらに乗ってくれた日の感動は今でも鮮明に覚えています。

080121_06.jpg
↑↓ 11月のある晴れた日。一緒に日向ぼっこ

とにかく、賑やかに鳴いてアピールする子でした。
私が帰宅して玄関を開けると鳴くんです。こんな小さな子が、何をどう聞き分けて私ってわかるのか不思議でもあり、愛しかった。

スーパーの袋と冷蔵庫の野菜室の開け閉めの音に敏感でした。

ある日、母が料理中、床に置きっぱなしにしていたスーパーの袋ががさがさいうので不審に思い中を覗くと、モルがキャベツの上に乗って食べ放題祭りを繰り広げていた話は、今でも家族の笑いを誘います。

080121_04.jpg


モルが順調に成長し、苦もなく世話を続けられ、私は自信を持ちました。
幼い頃から夢見ていた犬との生活。私にも犬が飼えるんじゃないだろうか、と。

モルが居なかったらくまじろうも居ません。


モル、ありがとう。
うちに来てくれてありがとう。
6年も共に生きてくれてありがとう。
自信をくれてありがとう。
楽しい生活を、ありがとう。
バイバイ。バイバイ・・・!

080121_05.jpg


お刺身パックについてるパセリと大葉。
いちごのへた。ナスのへた。キュウリのへた。
ニンジンの皮。キャベツとレタスの外葉。
捨てるの、勿体無いよ。

道端のたんぽぽ、クローバー、その他名前も知らない雑草たち。
摘んで帰りたい衝動に駆られるよ。

6年間で身についた習慣。
捨てるのが当たり前。気にも留めないのが当たり前。
そんな日がいつか来るのかな。。

080121_07.jpg


スポンサーサイト
モルのこと | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
<<各地の雪便り | ホーム | 最後の写真、最後の様子>>
コメント
--こんにちは--

くまじママさん

安心しました。
よかった・・・

これからも時々はモルの写真を
のせていただけるとうれしいです。

by: のんママ * 2008/01/21 14:51 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/21 14:58 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/21 15:29 * [ 編集] | page top↑
--うちにも。。。--

置いてこれなかったお骨があります。同じ理由で。
4年経った今も。。

パンの耳が好きで、食パンを見ると思い出して、泣いていた事がありました。
今ではね、、「ほら、Bee食べて」
そう言える様になりました。
急がないで、、無理しないで、
ゆっくりと心を治して行ってね。
by: イワンママ * 2008/01/21 17:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

モルくん、突然でびっくりしました。
久しぶりにブログにお邪魔したので、今知りました。
くまじママさん、お辛い事と思います。6年間の習慣を忘れていく事は寂しい事でもあると思いますが、ゆっくり乗り越えてください。
モルくんのご冥福をお祈りいたします。
by: かねかね * 2008/01/21 19:53 * URL [ 編集] | page top↑
----

くまじママさんこんばんわ。
麗王の場合、医者も葬儀社も失敗の連続で申し訳なく思っています。

遺骨は、絶対に手放せません。
両方の親から何度つつかれようと変人扱いされようと構いません。私達夫婦にとっては麗王は長男坊で自慢の息子です。
(ごめんなさいね、折角立ち直ろうとしているのに水さして)

忘れないよ!私を犬好きに転じさせた張本犬のことを、この先次男坊を迎えても一緒に暮らしていこうね、狭い家だけど・・・みんな一緒にね!


by: 麗王パパ * 2008/01/21 23:38 * URL [ 編集] | page top↑
----

あかん
やっぱり私が泣いてしまいます
やっぱり同じ草食動物飼ってるからかな
無意識に食べれそうなもの見ちゃったり、気にしちゃうっていうのが自分に重なって・・・

これからしばらくは沢山の楽しかった事を次々思い出し、お骨といっぱいおしゃべりすると思いますよ
私はいっぱいいっぱい話す事でだんだん楽になって来ました

くまじママさんが早く元気になってくれますように
by: シトラス * 2008/01/22 00:39 * URL [ 編集] | page top↑
----

何もかける言葉がありません。私もも最後に看取った子を忘れられませんでした、やはり時間が解決してくれました、時間かかりますが元気出してください。
by: ヒポ 仕事場 * 2008/01/22 15:07 * URL [ 編集] | page top↑
----

くまじママさんが 元気になってきたようでよかったです。
この文を読んで「そうそう スーパーの袋と冷蔵庫の野菜室を開ける音、うちのモルも反応したなあ・・・」「冬は草があまりなくて 春が待ち遠しかった・・・」「うちのモルが逝った後も 食事の用意をしながら 野菜の切れ端や皮をつい取っておいたな・・・」等々 今では懐かしい思い出です。
今度 くまじママさんにお会いできたら モル話 いっぱいしましょうね。モルちゃんのお話もたっぷり聞きますよ~。(^^♪
by: うえはら * 2008/01/22 21:36 * URL [ 編集] | page top↑
--おへんじ--

◆◇のんママさん◇◆
気にかけていただいてありがとうございます。
モルの写真、載せてもいいかなぁ?
そういう風に言ってもらえて本当にうれしいです。ありがとう(*´ω`*)

◆◇非公開さん◇◆
お別れを一緒に…とてもありがたいお言葉です。モル、幸せものですね。
遺骨、普通は納骨してお寺さんに定期的にお経あげてもらった方が仏さんのご供養になりますよって何度も言われました。
でもお経って、、お寺さんって、、モルに何か関係あるの??って思っちゃいました。
まだまだ一緒にいたいです。
ちょっとやな話だけど、納骨するとまた別途お金が必要で、年に一度お寺に納めなきゃいけないみたい。
きっとそこら辺葬儀会社とお寺との提携があるんじゃないでしょうか。
だって、聞いてたら皆さんおうちに連れて帰ってるもの~。
普通って言われて「そうなんだ・・・」で諦めそうになりましたが、連れて帰ってきて本当によかったです。

はるさんと、長く長く一緒にいられますように・・・

◆◇非公開さん◇◆
そっか、そうだね。姿が見えなくても待っててくれてるよね~。
時々お土産摘んでこようかな。
お父様、、もう3年、まだ3年といった感じでしょうか。
何年たっても思い出すと泣けてしまいますよね。TVで共感できるとなおさら。。
そうやって、思い出して泣いてあげるのが何よりの供養ですね。

◆◇イワンママさん◇◆
置いてこれないですよね。。
納骨したからって忘れるわけじゃないんだけど、やっぱりそばに居て欲しい。
普段よく目にするものに思い出が詰まっていると、日常的に思い出しますね。
きっと、思い出してあげることが何よりの供養になると思います。お寺さんにお経あげてもらうよりも。。
私のこと気遣ってくださってありがとうございます。

◆◇かねかねさん◇◆
そうなんです。。突然でした。なんで、どうして、、そればかり考えてます。
みなさん、ゆっくりでいいから って優しく声をかけてくださるからうれしくて暖かくて。。
ありがとうございます。

◆◇麗王パパさん◇◆
うちの親もやめろと言ってきましたが、無理ですよね。
大事な家族です。犬だろうと小さな動物だろうと。。

> この先次男坊を迎えても・・・
あ、そんな計画があるのですね。楽しみです^m^

◆◇シトラスさん◇◆
> 無意識に食べれそうなもの見ちゃったり・・
します、します。喜びそうな、おいしそうな草ってわかりますよね。
見るたびに思い出して切なくなるのかな。
でもそうやって思い出せることをうれしくも思います。モルだってきっと思い出してもらってうれしいはず。。
私もいっぱいお話しようと思います。

◆◇ヒポさん◇◆
気にかけて下さるだけでありがたいです。
日常は、なんら変わらず送っています。どんなに悲しくても仕事は行かないといけないし散歩にもいかなきゃ。
今はそれがありがたいです。

◆◇うえはらさん◇◆
そうそう、冬は草も少ないし野菜も高いからそんなにたくさんあげられないし、春が待ち遠しかったです。
野菜くずがご馳走でしたよね。なんて環境に優しい子達!
モル談義、いいですね~♪♪
by: くまじママ * 2008/01/23 14:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

くまじママさんが少しずつでも元気になってきてくれているようで、ほっとしました。 くまじママさんは強い子だもんねっ!

モルちゃんにお経での供養。。。どうなんでしょうね。 モルちゃんにとって一番の供養って、くまじママさんの「ありがとう」の言葉や気持ちだったり、くまじろう君の「今日もみんな元気だよ~」の報告だったりするんじゃないでしょうか。 御遺骨、持って帰って良かったんだと思います! 
お寺でのご供養は、人側の気持ちの整理の為に必要なんだと思います。 一番モルちゃんの気持ちがわかるくまじママさんの判断なんですから、悪いことなんかないですよ~。
by: ミュート * 2008/01/23 17:40 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/23 20:35 * [ 編集] | page top↑
--おへんじ--

◆◇ミュートさん◇◆
くまじろうのお陰で、しゃんとしていられるんだと思います。
落ち込んでる暇もないっていうか(^_^;)
散歩!ご飯!遊んで!の要求がありがたいです。
こんなこと考えるのもいやなんだけど、いつかくまじろうの順番が来たとき、別の命がそこにいないとやっていけないと実感しました。

モルの供養についてそんな風に言ってもらえて気が楽になりました。ありがとう~。
そうだよね、これでいいよね。
私達もそばに居てくれてる気がしてうれしいし、モルもきっと安心して眠ってると思います。

◆◇非公開さん◇◆
家に帰って一人だったらどうしても考えちゃうもんね。。辛かったね。
私はくまじろうがいてくれるから、、泣いてたら涙を舐めに来たり、いつもと変わらず散歩やご飯の催促があって。。
別の命の存在って、本当に大切だなって思えたよ。仕事と同じく、日常に頭を戻してくれる。

敷地内に埋めるのはよくないんだ。。
えーでもそんなの関係ないよね。
うちも、何年かかるかわからないけど気持ちの整理がついたら遺骨を庭に埋めてお墓にすると思うよ。お寺に納骨はしない。
ちなみに、実家の庭にはウサギとハムスターと金魚が眠ってる。

モルちゃんとおちびちゃん、庭からお父さんお母さんを見守ってるね。近くにいれてうれしいと思うよ。
非公開さんご夫婦も、その木とモルちゃんがそこに眠ってるってことが支えにもなるよね。

ちーの件了解!
by: くまじママ * 2008/01/24 10:45 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/26 15:33 * [ 編集] | page top↑
----

びっくりしたー。
朝モルの声で起こしてもらったねー。
私も経験したことあるから、思い出すと今でも悲しくなるけど、もういなくなってから10年くらい経つけど楽しかった思いではずーっと残ってて今でもはっきり思い出せるし、忘れないよ。
今度、お線香上げさせてね~
by: yuka * 2008/01/28 23:39 * URL [ 編集] | page top↑
--おへんじ--

◆◇2008/01/26 15:33の非公開さん◇◆
お返事遅くなってしまってすみません。見逃していました(汗)
非公開さんもお辛いときにコメントありがとうございます。
そうですか、病院で・・・看取ってあげられなかったのは悲しいですね。
小さな命はどうしてこう急なんでしょうか。。
非公開さんのモルちゃんにちゃんと伝わっていると思いますよ。感謝の気持ちも後悔してる気持ちも。
ずっとずっと見守っていてくれると思います。待っててくれると思います。いつか、会えますよね。
がんばって、乗り越えていきましょうね~。

◆◇yuka◇◆
毎朝起こしてくれて、朝寝坊を許してくれなかったよ。
ホントにさー、小さいけど賑やかで存在感の大きな子だったんだぁ。手間もかかったし、その分いなくなった実感も大きいというか。
思い出さなかったらもう平気で楽しいことちゃんと楽しめるんだけど、思い出すと駄目ね。
10年たっても悲しいんだね。。
お仏壇もないしお線香も立ててないんだけど、手を合わせてやって~。
私もモルのことこんな風に気にかけてくれてうれしいよ。
by: くまじママ * 2008/01/29 15:19 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kumamoru.blog35.fc2.com/tb.php/685-965e4eee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |