スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
最後の写真、最後の様子
2008 / 01 / 16 ( Wed )
最後に撮ったくまモルの8枚の写真、見てください。12/30の朝です。
2008年の写真は一枚もありません。。



080116_02.jpg

080116_03.jpg

080116_04.jpg

080116_05.jpg

080116_06.jpg

080116_07.jpg

080116_08.jpg


7枚目の写真(下から2枚目)、ようやくこの瞬間が撮れました。
モルからもこうして挨拶・確認行動をしていたんですよ~。
短い足を伸ばして懸命に背伸びして。。かわいいな~。


モルの最後の様子、書き綴りました。
かわいがっていただいたのだから、私には報告する義務があると思って。。
とっても暗い内容です。後悔ばかり書いてあります。
なので折りたたみますね。読むと気分を害する方もいらっしゃると思います。
でも、記録として残させてください。次の命のために決して忘れてはいけないことだと思うから。






1月10日木曜日夜8時前。
帰宅して、いつもの「キーキーキー!」とご飯をねだる賑やかな声が聞こえない。
違和感を感じながらも深く考えずに、モルの顔も見ずにキッチンで作業をはじめました。

10分後、和敷が帰宅して「モル、おかしいよ・・・!」

何も敷いていない冷たいところで、足に血をにじませてじっとしていました。
手足にマメのようなものが出来ていて、それが傷ついてしまったようです。
抱き上げたら体温が低く、頭が横に向いて転がりそうになります。

いつものアレス動物病院の診察時間は少し過ぎていましたが、夜間救急を謳っているところだし、留守電に入れれば即見てもらえることを疑わずに出かけました。

でも、何度電話しても先生は捕まりませんでした。病院は、待合室は電気がついているのですが奥は真っ暗です。

そうこうしているうちに痙攣が始まりました。

何度か痙攣を繰り返したのち、落ち着きました。
まさかと思って確かめると、かすかに心臓は動き、瞬きもしていました。

富山の犬友さんが他に近くでモルモットを診てくれる病院を探して教えてくれました。
みさき動物病院に留守電を入れたらすぐ折り返しの電話があって、診てもらえることになりました。
容態発覚から2時間半経過していました。

病院に着いて急いで車から降り、診察台に乗せると、モルの心臓はもう止まっていました。
目からは白い涙があふれていました。

車から降りるときの動きで、止まってしまったんだと思います。
私の起こしたアクションによって、死んでしまったんです。

先生は心臓マッサージをして酸素注入をしてくれました。
酸素を注入しても肺がまったく膨らまないのは明らかな異常。きっとずいぶん前から肝臓や腎臓に疾患を抱えていて、それが原因で時々痙攣していて、そのときに手足が擦れてマメが出来たんじゃないか、推測でしかないけどって。。

毎日よく食べてお腹もぷっくりしていたので太っていると思ったら、体重は食欲不振のときと同じ最低の700グラム台でした。
やはり内臓に問題があって、食べても食べても栄養にならなかったのかもしれません。
だからあんなに激しい食欲だったんだろうか。食べても食べてもひもじかったんだろうか。

何も出来なくて申し訳ない、お金は結構です、とおっしゃってくれました。
夜に出てきていただいたのだから、もちろんお支払いしました。とてもいい先生でした。


朝までは変わらずに元気でした。
元気に鳴いてご飯をせがみ、全部食べてありました。

ご飯を置く場所と暖かい寝床は数十センチ離してありました。少しでも運動になればと思って。
ご飯を食べて寝床に行こうとしたとき足を傷つけたのでしょう。
痛くて歩けなくて、寒いところに長くいたせいで体温が下がって急にこんなことになったんだと思います。

どうして寝床を近くに用意しなかったんだろう。
どうして部屋全体をもっともっと暖かくしておかなかったんだろう。
どうして家に帰ってすぐモルの顔を見なかったんだろう。
どうして車から降りるときにそっとゆっくり動けなかったんだろう。
どうして食べてさえいれば平気だと思ってしまったんだろう。
どうして小さな異変に危機感を持たなかったんだろう。
どうして夏に拾った命を、時間を、もっともっと大切にしなかったんだろう。
どうして・・・どうして・・・


その日、モルのために購入した温湿度計が届いていました。


帰宅しても、あの賑やかな声はもう聞こえません。
もう、写真でしかモルを見ることはできません。

スポンサーサイト
モルのこと | トラックバック(0) | コメント(25) | page top↑
<<ありがとう、さようなら | ホーム | モルご報告>>
コメント
--はじめまして--

いつも読ませていただいてますがコメントははじめてです。

たぶん今はまだどんな言葉を言っても
なんの慰めにはならないかと思うので
私には何もいえないのですが・・・

そろそろ介護について考えないといけない犬と猫と暮らしている私です。
長生きしてほしいともちろん思いますが
それ以上に愛されていることを感じていてほしい。
たとえ長生きしてくれなくてもいつもいつも
あなた達を愛している人がいることを感じながらこの子達に生きていてほしい。
そう思いながら接しています。

モルはくまじママさんや旦那さんやくまからの愛をきちんと感じてたのではないでしょうか・・・
ブログからさえも伝わってくる大きな愛です。
その愛を抱いたままモルは逝ったのですね。

モル いつも愛らしい姿をみせてくれてありがとうね。


by: のんママ * 2008/01/16 16:30 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/16 16:31 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/16 20:44 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/16 21:36 * [ 編集] | page top↑
--さみしく・・・・--

寂しくなってしまいましたね。
くまじままさんもおつらいことと思います。
くまじろうくんとモルちゃんのお家で、みんな一緒に生活した記憶が、いい思い出になってくれるのではないでしょうか。
モルちゃん、安らかに眠ってください。
by: 陵 * 2008/01/16 22:12 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/16 22:48 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/16 23:02 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/16 23:04 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/16 23:25 * [ 編集] | page top↑
--そうでしたか・・・--

どうして、どうして・・・そう思ってしまう気持ちはありますよね。
私もお別れのたびにどうして、どうしてを繰り返してきた気がします。

私も自分を責めました。
もっとできることがあったはずって。
でも、今となってはそれはできないこと。。。
その死を無駄にしないように、教えてくれたことを忘れないように、そう自分に言い聞かせてます。

まだまだ、自分の心の整理ができなくていいんですよ。
ゆっくり時間をかけて、ね。

それにしても、くまちゃんとモルちゃんの写真はステキですね~。
見えない空気に「信頼」とか「安心」というのが見えますよ。(^ー^)
by: マチコ * 2008/01/17 00:51 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/17 01:14 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/17 11:35 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/17 11:48 * [ 編集] | page top↑
----

わたしも下から2枚の組写真を見て
感動しました。
いい写真ですよね
モルちゃんがどんなに貴重な存在か
よくわかりました。
今は安らかにとしかお声をかけることが
できません。
お体に障りませんように
by: パンジャ * 2008/01/17 17:43 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/17 18:25 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/18 02:26 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/18 11:02 * [ 編集] | page top↑
----

くまじママ。

読ませてもらいました。
また会社という場所も憚らず、涙が溢れてきました。
下から2枚目の写真。
思わず「わぁー」と言ってしまった。
本当にくまちゃんには心開いていたんだね。
こんな小さな動物でもくまちゃんの優しさが分かってる・・・
やっぱりこれは、くまじママと和敷くんの愛情の表れだと思います。
いっぱい後悔もあるかもしれないけど、
絶対にモルちんは幸せだったよ。
私も先代ワンコを亡くしたときは、かなり自分を責めたけど・・・
周りにも支えられ、何より自分の手の中で息を引き取ってくれたことに感謝しました。
だから、モルちんも小屋ではなく、くまじママの手の中で息を引き取ったのは、ある意味幸せだったのではないでしょうか・・・

こちら側が思ってる以上に、愛情は伝わってると思うよ。



そうそう、にしお動物病院は、チャーミーのかかりつけの病院です。
院長先生(めがねの人)に診てもらったのかな?
あそこは、ホントに良心的な病院です。
スタッフもみんな優しいし♪

また元気なBLOG再開されることを待ってます!
くまじママが元気で居ないと、くまちゃん心配するよぉ~☆
by: さっち * 2008/01/18 11:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

去年暮れ、うちのモルモットが乳房から出血して不安になり、
ネットでモルモットに関してのブログをあちこち見ていて、くまじママさんのサイトを見つけました。
大好きなサモエドのくまじろうくんのかわいい姿も楽しみでちょくちょく見ていたのですが、
子供の受験などで忙しくして訪問していなかった間に、モルちゃんがこんなことになっていたなんて…。

小さい動物は少し前まで元気にしているのに、あっという間に逝ってしまいますね。
だから衝撃も大きいし、飼い主さんに残るのは後悔ばかり。
果たしてうちに来てくれて幸せだったのか、もっとこうして欲しかったんじゃないかって、考えてもしょうがないんだけど、自分を責め立てるしかなくて…。

数年前、私が忙しくしていたさなかにひっそりと逝ってしまったハムスターのことを思い出しました。

モルちゃんは、かわいい姿でくまじママさんの家族ばかりでなく、ここを訪ねてくる大勢の人たちを癒したり、励ましてくれました。

モルちゃん、ありがとう。

そして安らかに。


くまじママさん、報告つらかったでしょう。
モルちゃんのことは忘れません。
命の大切さ、引き継がせてもらいますね。

くまじママさん、ありがとう。



by: ミケのママ * 2008/01/18 14:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

今 写真を味わって見ています。
いいですね。二匹とも本当にかわいい。
くまじママさん そんなに自分を責めないでください。モルちゃんは 与えられた命を全うしたんだと思います。それも くまじパパ ママさんに見守られて・・・安心して逝ったと思います。
くまじママさんは いい飼い主さんでしたよ。モルちゃんは ぜったい幸せでした。そして私たちも楽しませてもらいました。モルちゃん くまじママさん ありがとう。(^。^)
今年はねずみ年だから TVなどでモルモットを見かけることが多いですね。てんじくねずみだもんね。
by: うえはら * 2008/01/18 21:38 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/18 23:46 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/01/20 16:23 * [ 編集] | page top↑
--おへんじ--

◆◇のんママさん◇◆
はじめまして。いつもありがとうございます。そしてコメントありがとうございます。
「愛されていることを感じて欲しい」・・・ステキですね。
後悔のないように、やり残しのないように、って考えながら余生を共に生きるのはなんだか悲しいけど、愛していることを伝える生活はとても温かで素敵です。
のんママさんちのわんことにゃんこのこれからの時間が、愛に満ち溢れて輝きますことを祈っています。

最後の一行、、すごくすごくうれしいです。

◆◇2008/01/16 16:31の非公開さん◇◆
ありがとう、ありがとう。とってもうれしい。。
小さな生き物はあっという間で難しいね。いい先生の数も少ないし。。
東京にね、モルモットの権威がいるんだって。
このときほど都会をうらやんだことはなかったよ。
モル、私達の帰宅を待ってくれたんだよね。胸の中で逝かせることが出来たのは実は幸せなことだったんだね。。今ならありがとうって言える。
しばらくはゆっくり休んで、、、また生まれかわって帰ってきて欲しいな。

◆◇2008/01/16 20:44の非公開さん◇◆
ブログに非公開でお返事しますね。

◆◇2008/01/16 21:36の非公開さん◇◆
モルを愛しいって言ってくれて・・・すごくうれしい。
ホントにね、愛らしい子だったんだ~。知れば知るほどはまっちゃうよ。
してあげられたのにしなかったことがたくさんあって、モルに恨まれてるんじゃないかって思ってしまうの。
明るくしてていいのかな。元気出そうって思っていいのかな。
類魂の話はじめて聞きました。
わかった。これからも愛し続けるよ。また会いたいもの。。

◆◇陵さん◇◆
コメントありがとうございます。
小さな命がひとつなくなっただけで、我が家はすごく静かでがらんとしてるように感じます。
短い時間でも新居で4人で暮らせたこと、よかったです。たくさんの思い出が残っています。

◆◇2008/01/16 22:48の非公開さん◇◆
ブログに非公開でお返事しますね。

◆◇2008/01/16 23:02の非公開さん◇◆
一緒に悲しんでくださってありがとうございます。すごくうれしかった。。
神様、呼んじゃったか~。
もっともっとって思ってしまうけど、モル長生きしたほうだと思います。神様に感謝しないといけませんね。
でも、もっとこうしていたらまだもう少し生きられたって思わずにはいられません。。

◆◇2008/01/16 23:04の非公開さん◇◆
ブログに非公開でお返事しますね。

◆◇2008/01/16 23:25の非公開さん◇◆
ブログに非公開でお返事しますね。
・・・と思ったら非公開がなかった!
そのまんま書いてみました。

◆◇マチコさん◇◆
お別れのときに感じる後悔は、別の命を生かしてようやく消えるものなのかもしれませんね。
モルの前にウサギを飼っていたんですけど、寒さのために死なせてしまいました。どのくらいから寒いのか知らなかったんです。
めちゃくちゃ後悔して、次のモルは勉強しまくって結果6歳まで生かすことが出来たことで懺悔できたかなって思えます。
もうちょっと、生きられたと思うんですけど。。私がもっとこうしていれば。。この思いはきっと時間がたっても消えませんね。

◆◇2008/01/17 01:14非公開さん◇◆
励まし、ありがとうございます。
がんばらないといけませんね。モルのためにも、くまじろうのためにも。
この辛さもまた、生き物と暮らすということなんですよね。。楽しいときが永遠に続くわけじゃない。
受け入れて、前にすすまないと。。

◆◇2008/01/17 11:35の非公開さん◇◆
辛いことを思い出させてしまって、すみません。そんなことがあったのですね。
娘さんも後ろ髪惹かれる思いで旅立ったのではないでしょうか。でも今は日本にいらっしゃるのですね。
遺骨、もう仏さんになったのだからお仲間と一緒にいたほうがいい、私たちが供養もしてあげられるし。それに置く場所に困るでしょ? と職員の方に何度も言われました。
でも、それなら庭に埋めた・・・だって一緒にいたい。
10年の節目にお仲間の元へ、、そのときのお別れもまた寂しいでしょうね。
でもきっと、10年もそばで偲んでくれて、感謝でいっぱいだと思います。後輩サモ'sもやってきて賑やかな家族を見守ることが出来たのもうれしかったと思います。

モルに、ようやく感謝と別れを言えます。遺骨にはまだまだ一緒にいてもらいたいけど。。

◆◇2008/01/17 11:48の非公開さん◇◆
慰めの言葉ありがとうございます。
野生とは違って自分だけでは生きていけない命を預かった責任を、最後までまっとうできなかったんじゃないかと後悔してしまいます。
モル、私たちの愛を感じてくれていたかな。。

◆◇パンジャさん◇◆
コメントありがとうございます。
ようやく撮れた一枚でした。くまじろうがあっち向いてる隙によくこうやって確認していました。
モル、小さな命だけど、賑やかで要求上手でくまじろう以上に手がかかっていたかもしれません。だから存在が大きくて・・・

◆◇2008/01/17 18:25の非公開さん◇◆
一緒に悲しんでくださってありがとうございます。
くまじろう、遺骨を置いてある場所のにおいを嗅いでいました。何かわかったのかな。。

◆◇2008/01/18 02:26の非公開さん◇◆
コメントありがとうございます。優しいお気遣い十分伝わります。
小さい命だけど6年も一緒にいて、大事な家族でした。生活の一部でした。
一緒に記念撮影できて本当によかった・・・!

◆◇2008/01/18 11:02の非公開さん◇◆
元気になったと思い込んでしまっていた自分が情けなくて・・・
でもいくら悔やんでももうモルには何もしてあげられないんですよね。
だったら次の命につなげるしかなくて。。
それで、モルは許してくれるでしょうか。許してと懺悔するしか出来なくて。。
犬は、飼い主の心に敏感ですね。そうですか、お腹を。。
くまじろうも元気がなく、あんなに大好きな散歩に行きたがらずに寝てばかりいた日がありました。
それをみて、これじゃいけないって思いました。

そう。ホントに家族の幸せの日を見届けてから逝きました。がんばって耐えてくれたんでしょうか。心からありがとうといいたいです。
楽しい思い出を増やしてくれてありがとう。。

※先日某ブログで初めて2頭の写真を見ました。すっごくうれしかった~。
何年もこうしてお話させていただいてるのにどんな姿かたちしてるのか想像するしかなかったので~。
大きくてかっこよかった~!

◆◇さっちさん◇◆
コメントありがとう。心配かけてごめんね。
くまじろう、初対面のときは咥えようとしたり過剰に反応して追いかけたり大変だったんだ~。
でも、何度も顔を合わせるうちに当たり前の存在になったみたい。
私の手の中で息を引き取ったことを感謝しなくちゃいけないって思えるようになったの。
だって、帰宅したときに既に冷たくなってたらと思うとやりきれないよ。世の中にはそんな飼い主さんも大勢いるよね。

ごめーん!にしおじゃなかった!高岡の病院でした~。
富山市には小動物に長けてる先生いなくて。。知らないだけかもしれないけど。
この先生だ!って人に出会えるまで小動物飼っちゃいけない気がしてきた。

◆◇ミケのママさん◇◆
はじめまして。暖かいコメントありがとうございます。
その後乳房の状態はいかがでしょうか。炎症を起こして腫れているだけなら抗生剤でおさまるらしいのですが。。
モルモットの乳腺の炎症は多いそうですよ。
薬で治ることを祈っています。

小さな動物は時間の流れが速いせいか、ホント体調を崩してからがあっという間ですよね。
それを思えば、夏に延命できたのは奇跡としか思えません。神様に感謝しないと。。

ハムスター、私も2匹飼ってました。同じく、ひっそりと逝ってしまいました。
あの子達は寿命自体が短いですね。。

モル、皆さんを癒していたでしょうか。だとしたらすごくうれしいです。
また今度ミケのママさんちのモルモットちゃん(ミケちゃん?)の話聞かせてくださいね。

◆◇うえはらさん◇◆
最後の時を私の腕の中で過ごしてくれて、、今では感謝できるようになりました。
安心して、、体温を感じて逝ってくれたかな。。
モルモット、TVでみます??わぁ~私1回も見かけてないです~。
集団で写ったりしてたのかな。かわいいですよね。
動物番組はチェックすることにします。

◆◇2008/01/18 23:46の非公開さん◇◆
コメントありがとうございます。
辛いことを思い出させてしまってすみません。
同じように、いっぱい後悔されたのですね。
こうやって言葉をかけてくださって、一緒に悲しんだり悔やんだり励ましてくれるだけでうれしいです。少し元気が出ます。
時間がたてば、この鋭い胸の痛みも少しは和らぐのかな。。

◆◇2008/01/20 16:23の非公開さん◇◆
ありがとうございます。何度も覗いていただいて。。
そして、昔言っていたことも覚えていてくださってありがとうございます。
そうなんです。最初は追いかけたり咥えようとしたりで全然仲良くなれそうになかったけど、こんな写真が撮れるようになったんです。
夢がかないました。フタリに感謝です。

みなさん、たくさん後悔してらっしゃるのですね。。
そしてそれを別の命に繋げて。。

賑やかなご家庭、いつまでもいつまでもそのまま続きますように・・・
by: くまじママ * 2008/01/21 17:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして。
私の最愛のモルモットも1月17日に息を引き取りました。
くまじママさんのモルちゃんより大分短い3年という人生でした。
私もスーパーでキャベツが安かったり、イチゴを食べてイチゴのヘタを見るのが辛いです。
もういらないのに、無意識に「あの子にあげよう」と思ってしまうのです。
モルモットは実験の動物というイメージが強いですが、家族の一員となって、コミニュケーションがとれるお利口な動物です。
くまじママさんのHPはそういうモルモットの魅力をよく表していると思います。
お互い辛いですが、天国のあの子達が安心してくれるように、がんばりましょう。
by: 名無しの権兵衛さん * 2008/01/25 11:56 * URL [ 編集] | page top↑
--おへんじ--

◆◇名無しの権兵衛さん◇◆
はじめまして。書き込みありがとうございます。
17日に、、そうですか。うちのモルの1週間後ですね。3年は早いね。。
キャベツ、外葉が捨てられてる箱から拾ってきたこともありました。野菜コーナー行くと思い出しますよね。
もう少ししたら野菜や野の草が増えるし、イチゴを食べる機会も増えるのに、、もうちょっと生きてくれたら食べさせてあげられたのに、って思います。
実験動物・・・そうですね、そう思ってる方がたくさんいらっしゃるかもしれないですね。
私のブログが、うちのモルがそのイメージ脱却に少しでも力になれたのなら、こんなうれしいことはありません。
お辛いときに書き込み本当にありがとうございます。
お互い、あの子達の天国での幸せを祈りつつ、この悲しみを乗り越えていきましょうね。
by: くまじママ * 2008/01/25 14:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kumamoru.blog35.fc2.com/tb.php/684-74ae017e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。