みちのく巡礼四寺廻廊の旅4 平泉・毛越寺
2014 / 05 / 13 ( Tue )
5月5日(月)の日記 その2



昼食の途中からなつきが船をこぎ出しまして。

おんぶ紐をうっかり車に忘れ、15分ほどこの状態で歩いた結果・・・

20140505_22.jpg
和敷ダウン。「庭?どうでもいいよ…」な感じに。
しかも小降りだけど雨まで降ってきて。

毛越寺も世界遺産です。

20140505_23.jpg
20140505_24.jpg
広くて全景が撮れない&雨と疲れでやる気がなかったので写真が極端に少ないです。
魅力が伝わりませんね。。

広い敷地内に点在していたはずのお堂はほとんど焼失。
跡地ばかりでした。

1732年に再建されたお堂。
20140505_25.jpg
歴史を感じる佇まいでした。

多分、一番の見所はこちらの遣水。
20140505_26.jpg
平安時代に自然の谷川を再現した庭造りの技法で、現存する唯一の物とかなんとか。

20140505_27.jpg

本堂。
20140505_28.jpg

いよいよ雨が強くなってきて。
起きてるのにちっとも自分で歩こうとしない3才。

「俺絶対無理。それに車の窓全開だから急ぎたい。」

どうしようどうしよう・・・そうだバスは!?

20140505_29.jpg
はい、ありました~。運良くすぐ来ましたよ。
なつきのご機嫌アップ。


濡れて寒かったので、まだ15時だったけど見かけたお風呂を頂きました。
平泉ホテル武蔵坊
内湯のみだったけど、まったりとしたいいお湯でした。


スーパーに行って、お土産や今夜の酒のつまみを購入した後は明日の観光地松島に向かいます。


19時、夕食はメジャーな牛タンチェーン店<利休>の松島店で。
せっかく宮城にいるのだから、もう一度牛タン食べておきたい!

20140505_30.jpg
牛タン寿司:うーん、普通
牛タン焼き:くっせーーーーー!
牛タン唐揚げ:まっじぃ!レバーというかマグロみたい!

これを食べたいがために高速を降りたのに。。P泊地調べてないのに。。
最初においしい店に行っちゃうとそれ以下の味が受け入れられなくなるね。

20140505_31.jpg
食べたいけど眠い。


さて。どこに泊まろうか。
道の駅はちょっと距離がある。
明日は朝一で展望台の観光を済ませられると効率がいいので、その駐車場まで行こうか。

道中真っ暗で砂利道で、どんな山奥に連れていかれるのかと思っていたけど・・・
理由は翌日引き返したときに判明します。

奥松島の<大高森>の駐車場で車中泊。
なんと3台しか駐車スペースありません。観光地じゃないの?
トイレは21時消灯だったらしくいきなり消えて、辺りは真っ暗で、山で、相当怖かったです。
おまけに雨風強くて揺れる。
すったもんだの末、怖いのは私だけのようなので耐えました。
和敷は「嫌なら移動するよ」と言ってくれたんだけど、明らかに疲れがピーク。

そしてこんな日に限って「ママと寝たい」発言。

えーーテント!?
怖いから厳重に締め切った車内で寝たいのにー!
速攻寝たなつきにくっついて、揺れるテントやハシゴの物音にビビリながら悶々とした夜を過ごしました。。

でも車内より体には快適だわ。
起きて速攻ハシゴを下りるというアトラクションさえ無ければなぁ。


最終回に続く。

雨でくまえー留守番ばっかで写真が一枚もなかった(^^;)


スポンサーサイト
くまなつえーと旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<みちのく巡礼四寺廻廊の旅5 松島・瑞巌寺 | ホーム | みちのく巡礼四寺廻廊の旅3 平泉・中尊寺>>
コメント
--あらら、電池切れ--

やっぱり3歳児は電池切れますね。
はーいお父さん登場~ みたいな。
みんなみんなお疲れ様。

あの庭園、そう世界遺産なんですよね
それに比べると 富岡製糸はちょっと地味で、
地元民としては、注目はいまだけなんじゃないかと心配してます笑

遣水も、やっている写真は見事ですが、やってないとよくわかんないですよね、、


by: もちん * 2014/05/21 12:12 * URL [ 編集] | page top↑
--おへんじ--

◆◇もちんさん◇◆
早起きだったので昼寝も早い時間でした。
そういえば移動の車の中であまり寝てくれなかったなぁ。
そうそう、お父さん登場です(笑)

富岡製糸工場おめでとうございます!
富士山みたいにグッズ販売やグルメがうまいこといったら注目が続きそうですね。

遣水、写真だけ見たら意味不明ですね(^^;)
by: くまじママ * 2014/05/21 16:42 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kumamoru.blog35.fc2.com/tb.php/1453-b1697611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |