バリ島旅行4日目 シーウォーカーとラフティング
2012 / 06 / 22 ( Fri )
2011年7月17日

朝食。

この日もやっぱり大量。おかゆがおいしくなかった~。

目の前のレギャンビーチを少し散歩。
20110717_02.jpg
みんな思い思いに過ごしていました。
私たちももっとゆっくりする時間作ればよかった。。


本日の午前中の予定はサヌールビーチでシーウォーカー(人生初)。
この日に限って肌寒いという。。

水着の上に長袖長ズボンのラッシュガードを着込んでいてもまだ寒く、ぶるぶる震えながらボートに乗って出発地点へ。

バリ島の海はそんなに透明感はないけど、魚もたくさんいて綺麗でした。
20110717_03.jpg 
手から餌を食べる魚たちがかわいかった(*´ω`*)

あぁだけど、、、気付いてしまった。

私に海は合わない。

シーウォーカーがこんなに酔うものだとは思いませんでした。
もともと海水浴していても波酔いするんです。でもここまで気持ち悪くなったことなかった。

この先ビーチリゾートに旅行に行っても楽しめるとは思えない。
(見るのはもちろん美しいし好きだけど、ただボーっと眺めてる旅行ってのは性に合わないので)
私には山が合ってるんだわ。。
シュノーケリングとか、やってみたい気持ちは凄くあるのになぁ(´;ω;`)


グッタリしたまま次の予定であるラフティングポイントへ。
かなり山の中なので遠い。

途中トイレ休憩で寄った場所。
20110717_04.jpg
ジャングルの中にある小さなお土産屋さんで、お茶を試飲させてもらいました。
まだ少し気持ち悪かったけど、温かくておいしいお茶で元気になりました。
天然のアロマオイルが格安だったので、お礼にいくつか購入。


ランチはライステラスが美しい<マハギリレストラン>で。
20110717_05.jpg

インドネシア料理のビュッフェ。
20110717_06.jpg 


いよいよトラガワジャ川のラフティングポイントに到着。
バリ島でのラフティングはこの川とアユン川が主流で、アユン川は流れが穏やかで景色がきれい。
トラガワジャ川は水質が綺麗で激しいポイントが点在している。そして山奥だからちと遠い。
遊覧船じゃないんだからやっぱ激しい方で!ってことでこちらを選択。

荷物のすべてを防水バッグの中に預けるので、残念ながら写真は撮れない。
防水カメラ持ってたとしても撮る余裕なかったけど。

他のグループと一緒かと思いきや、小さなゴムボートで専用でした。
私たち2人の他はインストラクターさんと舵取りの方。

途中休憩で立ち寄った滝。
20110717_07.jpg
こんな格好です。 そしてずぶ濡れ(≧▽≦)

2時間のラフティングはもうとにかく楽しくて楽しくて!
5mくらいはある滝を落ちるのが怖かったけど、やっぱり楽しくて!
笑いすぎて叫びすぎて、最後の方は声がかれていました。

途中村の中を通った時、子供たちが寄ってきて水を掛けてきて、無邪気でかわいかった~。
オールで思いっきり掛け返したら悲鳴上げて喜んでました。


帰りは丁度夕方のラッシュで、ホテル到着が1時間半も遅れたっ。
夕食をとってからスパに行く予定だったんだけど、スパの予約時間が迫っていたので夕食は抜きに(´;ω;`)
10分ほどのわずかな時間、ホテルのクラブラウンジでカクテルと軽食を頂きました。
20110717_08.jpg
部屋の特典で無料なのにこれだけしか利用しなかった~(>_<)

スパはレギャンの町中にある<バリ・ラトゥスパ>
夜遅くまでやっている貴重なスパです。
ここで3時間45分のロングコースを体験♡

内容はこのようになってます。
 ・アロマテラピーミックスフラワーフットバス
 ・ハーバルボディスチーム
 ・バックストーンマッサージ
 ・アビアンガ
 ・ロイヤルジャワニーズルルール
 ・スリーピングヘアクリームバス
 ・アロマテラピーミックスフラワーバス
 ・サンダルウッドボディミスト
 ・フレッシュレモンハニージュースとクッキー
なんだかよくわかんないけど、髪の毛から足の先までってことです(笑)

20110717_09.jpg
友人は気持ちいいを連発してましたが、私は痛くて痛くて(泣)
マッサージ系が気持ちよかったことってあまりないので、海同様私に合わないのかも。。

クリームバスのお陰で髪の毛は本当にとぅるんとぅるん♪
いい気分でそのまま眠りにつきました。


「バリ島旅行5日目 帰国の朝」に続く


スポンサーサイト
バリ島&シンガポール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サモエド動画 | ホーム | バリ島旅行3日目 ジャワ島 パオン寺院とムンドット寺院>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kumamoru.blog35.fc2.com/tb.php/1164-252c3f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |