おかえり
2018 / 12 / 24 ( Mon )



11日火曜日にお葬式をし、12日に荼毘に付しました。
家族がなかなか揃わず、迎えに行けたのが16日日曜日の夕方です。
くまじろう、遅くなってごめんね。

似合っていたバンダナ、えーすけと遊んでボロボロになってたけど捨てられなかった。
巻いてみたけどやっぱりボロボロ。
洗ってアイロンかけて、繕ってみようかな。

お花が本当にいい香り。
リビングに入れるとすぐに枯れてしまうので、くまじろうが最後まで過ごした部屋に遺骨と共に飾ってあります。
まだまだ元気で、私たちの心を慰めてくれそうです。
バルーンも心が軽くなるようだし、絵は宝物になりました。
本当にありがとうございます。


えーすけは何も変わりません。
亡くなる数日前から発作期間に突入し、亡くなったときは発作後期の一番自分を見失う期間でした。
嗅いでお別れすることもなく、旅立ったくまじろうは単なる物でしかないようで無関心でした。
でも、今でもくまじろうがいた部屋に私が入ると騒ぐんです。
「兄ちゃんだけ、特別な物食べてるでしょ!?」ってお世話してる間中監視されていたのですが、それが続いています。

えーすけはずっと二の次でした。

可愛がるのがくまじろうに悪くて。すっかり和敷の犬です。
気付けば6歳、もうシニアの入り口です。
私の中でくまじろうは初めての犬ということもあって永遠に1番だけど、えーすけのことももっと愛したい。
これから、密な時間を過ごしていきたいと思います。

スポンサーサイト



くまじろうの日常 | コメント(2) | page top↑
ありがとう さようなら
2018 / 12 / 09 ( Sun )

今シーズン初めて雪が積もった日、くまじろうは眠るように逝きました。

朝、庭の雪をボールに入れ口元に持っていくと、美味しそうに食べてくれました。

二口、食べました。

それから床ずれのケアをして、身体を拭いて、久しぶりに顔周りのブラッシングを少しだけしました。

その時、目が上下にけいれんしたようになって、でも声を掛け撫でると落ち着き、胸が上下していたので安心しました。

しばらくしたら啼いたので、水をさしだしたら何とか飲んでいました。

そして数時間後、水を飲ませるために起こそうとしたら身体が冷たくなっていました。

何時何分に息を引き取ったのかはわからないけど、

日曜日で、いつもより丁寧にケア出来て、いつもより長い時間一緒に過ごせた日でした。

なんて親孝行なんでしょうか。感謝しかありません。

かわいいかわいいくまじろう。

どこに出しても恥ずかしくない、自慢の息子です。

ありがとうね。バイバイ。またね。

くまじろうを愛してくださった皆さま、長い間ありがとうございました。

15歳と16日、よく頑張りました。

くまじろうの日常 | コメント(22) | page top↑
抱っこ中
2018 / 11 / 28 ( Wed )
ずっと、こうしていられたらいいのに。

抱っこ好きじゃないのにね。
でも抱くと吠えやむの。好きになった?

小さくなったなぁ。
息も弱々しいなぁ。

猫のカリカリも煮干しもおからせんべいも食べない。
牛乳もあまり飲まなくなった。
ジャーキーはなんとか食べてくれる。

たぶんね、病院に行ったら何か処置してくれる。
血液検査して、整腸剤とか抗生剤とかでて、点滴もしちゃうんだろうな。
一時的に元気になるね。また食べてくれるかも。

でもね、、、でもね、、、
それって必要かな。行ってもいいのかな。
くまじろうは病院大嫌い。

13歳になったとき、覚悟したつもりだった。
十分シニアと言われる年まで生きてくれた。
14歳になったとき、少しの驚きと感謝が織り混ざった気持ちで迎えた。
これでいつでも笑顔で見送れる。
15歳になって、大きな驚きと尊敬の念すら覚えて。

覚悟して2年も経つのに、やっぱりその時が来るとなると揺らいでしまう。
2年も過ごせたのに。

今私がすべきことは何?
こうして抱くこと?
それとも病院に駆け込むこと?


ずっと、こうしていられたらいいのに。

くまじろうの日常 | コメント(8) | page top↑
くまじろう 15才
2018 / 11 / 23 ( Fri )

くまじろう、とうとうこの日を迎えることができました。

15才。なんということでしょう!

誕生日恒例の河原散歩も行けないし、レバーを茹でてサンマを焼いたけど食べないし、何にも楽しいことないのかもしれない。

何をしてあげたら喜ぶのかもわからない。何も出来ない。快適な寝床を模索することくらいかな…

けど一緒の時間を過ごせるだけで、くまじろうも幸せだと感じていてくれたら嬉しい。

穏やかに、時間がゆっくり流れますように。

薬は今飲んでいません。

警戒して何にも食べなくなったので。

十分長生きしてくれているのだから、食べたい時に食べたいものだけ食べてもらおうと思っています。

猫のカリカリは、波はありますが結構食べてくれます。ジャーキーも。ニボシはまあまあかな。

牛乳はかわらず大好きです。

雪、見られるかな。

きっと大丈夫!

食べないくせにえーすけが来るとムキってて、現役感はんぱない。

お友達に先を越されて切ないです。

くまじろう、みんなきっと見守っていてくれてるよ。

くまじろうの日常 | コメント(20) | page top↑
えーすけ6歳
2018 / 11 / 07 ( Wed )

えーすけ、6歳になってました。


前日に思い出して、特別ご飯はあーしようこーしようと考えていたのに、
気付いたら終わってた・・・

っていうか、誕生日が5日なのか6日なのか未だに自信ないし、
何歳になったかもぱっと出てこなかった飼い主たち。
私は「6歳になる・・・はず!」くらいの自信度で発したけど、
和敷なんてドッグランで誰かに聞かれて「4歳になるんだったよね?」って聞いてくるし。

いつまでも子ども扱い、えーちゅけ扱いです。

いたずらの技は磨きがかかり、一流の泥棒です。
虫のように静かに侵入し、根こそぎ食べていきます。
お願いだからくまじろうの1錠500円の薬は食べないで。(医者に問題ないことは確認済み)
何度もやられて気を付けているのですが、虫の侵入は完全には防げません。

そんなえーすけ、最近心配事が。
体を触ると悲鳴を上げたのです。恨めしそうにこちらを見ながら。
しかもその悲鳴は長く、触られた一瞬痛いだけでなく、痛みが尾を引くようで。
即獣医に行きました。
触診すると左のあばらあたりに腫れがあったので毛を剃って確認すると、かすかに傷の跡と思われるものがあるそうで(私には見分けがつかない)。
とりあえず1週間、抗生剤で様子見です。
触って痛い「がん」というのはあまりないそうで、ひとまず安心しましたがまだわかりません。
外的なものでありますように。

そろそろ大発作の時期です。
予兆は10月からポツポツ見られ(明らかにだるそう)、その都度薬を増やす作戦でやっています。
何とか無発作記録を伸ばしたい。


4日、久しぶりにドッグランに行ってきました。
富山のサモ飼いさんに会いましたよ。

1歳のもちくん、元気爆発。


ちゃんと写真撮れてなくてすみません。じっとしてくれませんw
甘えん坊で社会性抜群のかわいこちゃん。北海道出身です。

予想はしていましたがえーすけ一切相手にせず。追い払っていました(*_*;

もちくん常連のドッグランだったので、もちくんには友達がたくさん。
飼い主さんはえーすけを見て
「白い」「優雅」「気品が」など、おおよそ似ても似つかない単語が飛び交い恐縮。
もちくんが元気いっぱいだから比較すると、、、ね。
大人しいと言われればそうなのかもしれませんが、泥棒なので油断は禁物です。

えーすけのこと | コメント(6) | page top↑
| ホーム | 次ページ